昇進論文,昇格試験の論文,論文,レポート,社内の業務論文,小論文,レポート書き方添削/代筆から,幼稚園,保育園の入園式,卒園式小学校,中学校,高校,大学などの入学式,卒業式保護者代表挨拶,PTA会長祝辞,結婚式,披露宴,花嫁,手紙,お礼状,主賓,友人,両家代表,新郎,謝辞,スピーチ,挨拶, 私立小学校受験 願書まで,見本文例,雛形文章作成,代筆/添削で一緒に解決します!

代筆,添削,文章作成代行で文章書き方のお悩みを解決します!

昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート,添削/模範文例代筆 昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート書き方

昇格試験ケーススタディ問題の書き方対策

投稿日:

昇格試験のケース・スタディ問題とは

昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポートに伴って筆記試験の一環として出題されるケーススタディ問題は、事例研究法やケース・メソッドとも呼ばれます。
架空の職場やビジネスシーンという環境の中で、生起する課題やトラブルといったケース(事例)が設定され、それを題材にして設題が課されて解答するのが、昇格試験のケース・スタディ問題です。

問題解決にあたる立場としては、第一線で顧客と接する営業担当から、企業経営に関わる意思決定をすべきトップ・マネジメントまで様々です。

ケーススタディ問題のみが昇格試験の筆記試験問題とされ、この解答結果だけで昇格の適否が判断される例はあまりなく、時事問題や業務知識に関する問題、昇進論文,小論文,レポートなど、他の筆記試験と共に出題される例が一般的です。

昇格試験ケース・スタディの問題内容と特徴

設定された業界や業種において、いかにも生じそうな課題や起きそうなトラブルの解決策を解答する例もありますし、時流を反映したコンプライアンス問題や組織改革、業務の効率化への対応を求められる例まで、さまざまな課題が出題されます。

設題中には利害得失が背反する問題が起きたり、主張や行動パターンが組織目的達成にとって望ましくない、あるいは、クセの強いメンバーが登場したりします。そのような特徴に都合悪く働く現象が追い打ちのように出て来るなかで、リーダーシップを発揮して対策を考える必要があります。

設題のなかで登場する会社組織は、一般的な教養や社会的な常識があって昇進試験,昇格試験にエントリーするような会社員であれば、耳にしたことがあるような業種や部署、職位ばかりです。一般のビジネスマンが想像もつかないような特殊な職種や仕事内容まわりの対処などは、出題されないのが一般的です。この点は少し安心できます。

設題のなかで登場する人物については、
例をあげると、平乃(先輩に貼り付いてやっと仕事をおぼえたのに、顧客の前では大風呂敷でいい所を見せたがる社員)、山皮(独創性に欠けるのに、自分が考え出したオリジナルのアイデアであるかのように顧客に吹聴するので、孤立しがちな若手社員)というように、所属や仕事の傾向、特筆すべき属性などが記されています。
前記の例にみられるように、苗字の音はともかく、一般的に実在しないような漢字を選ぶよう配慮をしている出題者も見受けられます。

回答する方法は◯×形式や多項選択回答形式ではなく、回答者自らの文章表現で記載すべく求められます。一問一答形式の設題もありますが、前の設問にたたみかけるように次々と複数の設問に解答していく形式が一般的です。
設問それぞれに解答字数もしくは行数が限られ、一問につき数行で記す例もあります。
このような設問の場合には、各問で求められている内容に応じて、記述内容の重複を避けながら要点をまとめて解答すべく対策が必要です。

昇格試験ケース・スタディ問題の書き方と解答方法

これまでみてきたことから分かるように、ケース・スタディ問題においては設題から本質的な問題や隠れた原因を見いだし、問題点を分析したり解決に至る対策を提案したりして、問題解決能力や意思決定能力などの開発や向上を目的に作成されるので、「スタディ」の名が付いています。

ケース・スタディ問題に取り組んでいく方法,コツとしては、かならず設題の中に課題解決のためのヒントや手がかりが隠れていることがあげられます。
また、上司や同僚、部下、顧客、取引先の意見や主張、利害が絡み合っている中で判断を求められる設題が多く、解答が一つとは限りません。 昇進昇格にあたっての筆記試験でケース・スタディ問題を出題する会社側からみると、回答者の判断力を考査するうえでとても有益な手法といえます。

ケース・スタディ問題のねらいは、物事や状態の本質を見極め方や考え方を観ることです。実技試験としてリアルに工程を踏んだり、モノを実際に創作したりする問題ではないのですから、記されている条件以外には、現実の問題解決過程で生じ得る道具・機械の故障や、意思決定・問題解決にかかわるメンバーの病欠など、ヒト・モノ・カネ・情報という経営資源についてのイレギュラーは発生しません。あくまで論理だけで推し進め、論証していくことができます。

昇格試験ケース・スタディ問題の解答手順

ケース・スタディ問題の解答手順は、次の通りです。
克服すべき課題を発見・分析し
課題解決のためにキーとなるパーソンや内容を抽出し、
当事者意識を持って主体的に、設定された職掌や職権の範囲で可能な行動や働きかけをし、
問題解決に至る論理的な道筋を明らかにします。

テーマや設題によっては、問題解決の結果、もたらされる成果にまで触れることができればなお良いでしょう。

昇格試験以外の分野で行なわれる「ケース・スタディ」の例

「ケース・スタディ」は、昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポートに共に出題される筆記問題という範囲だけで行なわれるに留まりません。

マネジメント分野以外でも、個人やコミュニティ、地方自治体などを事例として取り上げ、与えられたケースに対してどういう意思決定や行動をとるか、といった判断力を養うことを目的とするトレーニング手法としても行なわれています。
法学分野の「ケース・スタディ」とは、事件や判例の研究を指し、安全工学の分野では事故分析や事故を想定した分析に用いられます。教育分野でいう「ケース・スタディ」とは事例研究を重視した教育方法を指します。
これらの分野の「ケース・スタディ」においては、一人ひとりが一つのケース(事例)を題材にして行うだけでなく。ディスカッションを加えることで判断視点の共有化を目指す場合にも使われます。
また、その生活過程を社会的・文化的背景と関連させながら詳細に記述し,そこから一般法則を見いだしていく研究法として発展してきました。

以上、昇格試験のケース・スタディ問題の特徴、考え方と書き方、解答例を導き出す手順などの対策についてお話をしました。

ケーススタディー問題への解答に限らず、昇格試験に際する筆記試験の対策としては、本や参考書などで例題を解き、模範解答例と自身の解答を比較して書き方を精査していく方法が考えられます。
しかし、昇格試験の場合は、テーマや問題が出題されてから試験実施や提出期限まで、時間の余裕がほとんどない例が一般的です。

ジパングでは、どの段階からでも論文,小論文,レポート筆記試験問題や、ケーススタディー問題の解答を導くご支援が可能です。その方法にはお書きになった回答の添削や、模範解答例の代筆などがあります。文章が苦手な方も、メールでどのように伝えようかとさらに悩む必要はありません。どうぞ電話でご連絡ください。(スマートフォンでご覧の方はクリックで電話できます。)

所在地:神奈川県鎌倉市
電話受付時間:午前9時〜午後7時 年中無休

-昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート,添削/模範文例代筆, 昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート書き方

Copyright© 代筆,添削,文章作成代行で文章書き方のお悩みを解決します! , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.