昇進論文,昇格試験の論文,論文,レポート,社内の業務論文,小論文,レポート書き方添削/代筆から,幼稚園,保育園の入園式,卒園式小学校,中学校,高校,大学などの入学式,卒業式保護者代表挨拶,PTA会長祝辞,結婚式,披露宴,花嫁,手紙,お礼状,主賓,友人,両家代表,新郎,謝辞,スピーチ,挨拶, 私立小学校受験 願書まで,見本文例,雛形文章作成,代筆/添削で一緒に解決します!

代筆,添削,文章作成代行で文章書き方のお悩みを解決します!

昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート,添削/模範文例代筆 昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート書き方

昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート書き方対策–関連用語と筆記試験の形式

投稿日:

まず、昇進,昇格,昇級,昇任の違いや、論文,小論文,レポートの違いなど、昇進試験,昇格試験に関連する用語を理解します。つぎに、昇進試験,昇格試験,昇任試験,昇級試験以外の名称が使われる筆記試験の形式を概説します。それら社内論文や業務小論文,レポート、決意表明書や決意表明文、ケース・スタディ問題などの筆記試験のあらましと対策について、理解を深めていきましょう。

《理解篇》
段階1.昇進試験,昇格試験に関連する用語を理解

昇進,昇格候補として推薦を受けると、一般的には昇進試験,昇格試験の受験・合格発表を経て、正式に昇進,昇格が決まります。

昇進試験,昇格試で出題される筆記問題の形式は多様ですが、時事問題や業務知識問題の出題だけで合否結果が出る事例は少なく、ほとんどの企業,団体においては論文,小論文,レポート試験が課されます。
さらにこれら筆記試験で答えた内容を基にプレゼンテーションしたり、最終的に面接での口頭諮問を経たりして、合否判定が行われる事例もあります。

念のため、分かっているはずの昇進試験,昇格試験の筆記問題に関連する用語を確認しておきましょう。

「昇進」とは

職務上の地位、職位、官位などが
より高く上がることを意味します。

会社組織の中では主任から係長、係長から課長、課長から部長になるなど、上位方向へのポスト変更をいいます。

「昇進」と似た言葉に、「昇格」という言葉があります。

「昇格」とは 「昇級」とは

格式や階級などが上がることを意味します。
また、等級が上がることを意味する「昇級」という言葉もあります。

企業や団体によっては、係長、課長、部長というような名刺に掲載する肩書き・役職名よりも、さらに細分化された「階級」や「職階」、「等級」などが存在します。

ほかに「昇任」という言葉もあり、

「昇任」とは

現職より上位の職に任命されることを意味します。

次の動画では、これらの微妙な違いを説明します。

昇進と昇格の違い。昇級や昇任との違い|昇進論文,昇格試験論文,小論文,レポートに合格できる書き方

《理解篇》
段階2.昇進試験,昇格試験の論文,小論文,レポートに関連する筆記試験を理解

一方、論文,小論文,レポートについては、次のような違いがあります。

論文とは、小論文とは、レポートとは?|昇進論文,昇格試験論文,小論文,レポートに合格できる書き方

「論文」とは

論理と実証によって読み手を説得する文章です。
「論文」の書き方として、一つのテーマに関して問題を提起し、その問題について論理的・実証的に論述し、解答するという特徴があります。

「論文」はテーマに対する取り組み方、着眼点、展望、使用する資料、論理の展開などにおいて、独創性が求められます。

「小論文」とは

論理を展開して自分の考えを示す点では「論文」と同じですが、一般的に章という構成を持つ「論文」に較べ、書き方が作文の体裁に近い文章です。

「レポート」とは

現地・現場の状況や実情を報告すること、または、その事実を知らせるための報告書を指します。

自分で設定したり、与えられたりしたテーマについて答えていく点は、「論文」「小論文」「レポート」のどれも同じです。

「社内論文」「業務小論文」やレポートによる昇進,昇格の筆記試験

また、昇進試験,昇格試験,昇任試験、あるいは昇級試験、いずれの名称も付さないものの、社内論文や業務小論文,レポートという名称の筆記試験を課したり提出さたりして、その点数如何によって昇進,昇格させるに充分かどうかを考査する例があります。
書き方としては、昇進,昇格の筆記試験である小論文,レポートの書き方に準じます。

「決意表明書」や「決意表明文」による昇進,昇格の筆記試験

あるいは、作文形式の「決意表明書」や「決意表明文」を提出させて昇進試験,昇格試験に代える事例です。非正規社員から正社員登用においてよくみられます。なかには正社員登用の結果が先に通知され、その後に「決意表明書」や「決意表明文」の提出を求められる例もあります。
テーマとしては、これまでの業務で行なってきた内容総括と今後の抱負を筆記させる例が多数です。
書き方としては、昇進,昇格の筆記試験小論文,レポートの書き方に準じます。

ケーススタディ問題による昇進,昇格の筆記試験

ケーススタディ問題とは、
設定された職場環境の中で、ビジネスシーンで生起しがちな課題やトラブルといったケース(事例)の設題から、本質的な問題や原因を見いだし、問題点を分析したり、解決策を提案したりする問題。課題解決能力や意思決定能力などを開発することを目的としています。

昇格試験,昇進試験,ケース・スタディ問題の対策|昇進論文・昇格論文・昇任試験論文・小論文・レポートに合格できる書き方

ケーススタディ問題の特徴として、かならず設題の中に課題解決のためのヒントや手がかりが隠れていることがあげられます。
課題の本質を見極めたり、考え方を訓練したりすることを狙いとしており、問題の中に設定されている以外の道具や機械の故障、意思決定・問題解決にかかわるメンバーの病欠など、現実の課題解決過程の生じ得るイレギュラーは発生しません。あくまで理論で推し進めて(論証して)行くことができます。

ケーススタディ問題の解き方手順は次の通りです。

  • 解決、あるいは、克服すべき課題を発見・分析し、
  • 課題解決のためのキーパーソンや必要な内容を抽出し、
  • 設定された職位や職権の範囲で可能な行動や働きかけをし、
  • 課題解決に至る道筋を明らかにします。
  • 課題解決を達成した結果、もたらされる成果にまで触れることができれば、なお良いでしょう。

「昇格試験ケース・スタディ問題の考え方とコツ」詳述ページへ

述べてきたこのような区別やとらえ方は出題する会社組織や団体により一様ではないので、昇進試験,昇格試験の論文,小論文,レポートのテーマと同時に発表される書き方の注意点と合わせ、要件をしっかりと把握して取り組む必要があります。

ジパングでは、どの段階からでも論文,小論文,レポート書き方のご支援が可能です。その方法には、添削,模範回答文例,回答見本の代筆などがあります。メールで伝えようとして、文章をさらに悩む必要はありません。電話でご相談ください。(スマートフォンでご覧の方はクリックで電話できます。)

所在地:神奈川県鎌倉市
電話受付時間:午前9時〜午後7時 年中無休

-昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート,添削/模範文例代筆, 昇進論文,昇格試験の論文,小論文,レポート書き方

Copyright© 代筆,添削,文章作成代行で文章書き方のお悩みを解決します! , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.